聴覚障害大学生のブログ

ブログのテーマは「聴覚障害」ですので、基本的に聴覚障害に関することばかりを書きます。読者登録・コメントも気軽にどうぞ(*´˘`*)♡

聴覚障害にも種類があるのだ

 

 皆さんは聴覚障害にも種類があるのをご存じだろうか。聴覚障害者を理解するために最低限は持っていて欲しい知識だ。

 

大体この3つに大別される。難しい専門用語は抜きにして簡単に説明しよう。

伝音性難聴

 音が小さく聞こえる。健常者がイメージするのは大体これ。そのため、聴覚障害に対する理解を困難にしている面もあると思う。(後ほど詳しく説明する)名称の通り「わり方に障害がある」と覚えておくと良いだろう。

  聞こえ方イメージ: 健常者  ⇒「あいうえお」

           伝音性難聴 ⇒「ぁぃぅぇぉ」

 

感音性難聴

 聴覚障害者の多くがこれ。もし、聴覚障害者と会ったらこの難聴であると思っておいて良いだろう。音が歪んで聞こえる。伝音性難聴と違い、健常者には理解されにくい。

名称の通り「じ方に障害がある」と覚えておくと良い。

   聞こえ方イメージ: 健常者  ⇒「あいうえお」

           感音性難聴  ⇒「$&#%&」

 

③混合性難聴

 名前通り、伝音性難聴と感音性難聴の両方の特徴を併せ持つ難聴。あまり聞くことはないので、この程度の説明に留める。

 

 健常者の中には、

聴覚障害者は補聴器を付けたら聞こえるようになるんじゃないの??」

「大きな声で呼んだら振り返ったよ!やっぱり聞こえてるんじゃないの?」

と疑問に思う方もいるだろう。

 

そこには大きな2つの勘違いがあることを説明しておく。

  1. 補聴器は「音を大きくする装置」であって「音の歪みを直す装置」ではない。

 上記の聞こえ方イメージを見て欲しい。

 もし、伝音性難聴の人が補聴器を付けたら?伝音性難聴は音が小さく聞こえる障害で  あるから、「音を大きくする」という単純な解決策が有効である。よって、補聴器を付けることによって大分改善するだろう。

 しかし、感音性難聴の場合、そうはいかない。「音を大きくする」という補聴器を付けたらどうなるだろうか?歪んだ音がさらに大きくなるのみである。そして、聴覚障害者の多くは感音性難聴であることを忘れてはいけない。

 

 2.健常者がイメージする「聞こえる」と聴覚障害者がイメージする「聞こえる」は違う

 健常者は「音が聞こえる=話の内容が分かる」と考えるが、

 聴覚障害者の場合、

「音が聞こえる=そのまんまの意味。何か音が聞こえるだけで、方向も何の音なのかも分からない」

 故に、聴覚障害者は、「音は聞こえたけど、何の音でどこから聞こえてるんだろう?」と顔を上げ、周りを見渡して確認しようとする。

 それを健常者は、「聞こえた!=(内容も含めて)伝わった!」と勘違いするパターンが多い。(と感じる)