聴覚障害大学生のブログ

ブログのテーマは「聴覚障害」ですので、基本的に聴覚障害に関することばかりを書きます。読者登録・コメントも気軽にどうぞ(*´˘`*)♡

聞き返すコツ

 

 何回も聞き返すと、、

 「もう~っ!!」または「いいよ、たいしたことじゃないから・・」

となる経験はないだろうか。

 

そこで、相手の気分を害さずもう一度言い直してもらうにはどうしたらいいのかを考えてみた。

 1.  あらかじめ、「〇回聞き返しても分からなかったら、筆談でお願い」と取り決めをしておく。

 

  私がよくやってしまう失敗で、

  自分:「あともう少しで分かりそうだから!!」

        ↓

 5回ぐらい言い直してもらうものの、分からず・・・

        ↓

  相手も自分もグッタリ_(:3」 ∠)_

てな感じで諦め悪くしつこく聞き返して相手を疲れさせてしまうことがある。

   回数を決めておくことによって、「〇回言っても分からなかったから筆談!」と素早く切り替えることができる。

 2回で分かる時もあれば、5回言い直しても分からない時がある、というのは健常者にとってストレスとなりうる、と私は思う。(分かる時と分からない時の落差が激し過ぎるため)この方法は長い付き合いが予想される人に使うといいだろう。

 

 2.「え?」「ん?」「は?」ではなく、「聞き取れなかったのでもう一度言ってもらってもいいでしょうか?」

 

 これまたよくやってしまう失敗なのだが、聞き取れなかった時、焦りから一瞬頭が真っ白になり、「今なんと言ったんだ??」と露骨に表情に出してしまうことがある。

「はっ??」という感じ。

 それで分からなかったんだなとは伝わるが、あまりいい気持ちにはならない。

 咄嗟に、「聞き取れなかったのでもう一度言ってもらってもいいでしょうか?」が口に出せるようになるといいだろう。実際、この方法はすごく効果があると感じる。         落ち着いて、丁寧な言い方に変えるだけである。

 

 3.「〇〇ということは分かったけど、△△は?」 

 

 これは、部分的に聞き取れる時に有効な方法である。「もう~!」となるのは、今言ったことをまた「一から全部」言い直さないといけないのか・・という苛立ちが含まれているようにと思う。

   つまり、自分がどこまで分かったかを明らかにすると良い。聞き取れたところを口に出して復唱するのだ。

例えば、、

 友達:「明日10時に〇〇駅前に集合ね!」

 自分:「うんうん、明日の10時に、、え~っと、どこの駅前に集まるのかな??」

 友達:「き・ょ・う・と駅!京都駅だよ~!」

という感じである。(あくまでも例です)こうして見ると、会話の流れを壊さず、自然な感じで集合場所を聞き出すことが出来ている。相手に「一から全部」言い直させるのではなく、分からなかった部分だけを言い直してもらうのである。

 

以上、参考になれば幸いである。