聴覚障害大学生のブログ

ブログのテーマは「聴覚障害」ですので、基本的に聴覚障害に関することばかりを書きます。読者登録・コメントも気軽にどうぞ(*´˘`*)♡

安心して話せる人

 

 私は何故か人によって話せたり、話せなかったりする。

   安心して話せる人とそうでない人との差が激しいのだ。安心して話せる人に対してはスムーズな発音が出るけれど、そうでない人に対しては発音が崩れてしまい、上手くコミュニケーションが取れなくなることがよくある。

 その基準は何なんだろう?と考えた結果、安心して話せる人にはある一つの共通点が見えてきた。

 それは、、、

 「他のコミュニケーション手段が取れる(と分かっている)相手であること」

   どういうことかというと、もし口話が通じなかった場合、手話や筆談に切り替えられる相手であること。つまり、他のコミュニケーション手段という「保険」があること。

 「口で喋るのが当たり前。書くとか考えたことがない。」

 私はそういう人が苦手である。口で喋ることが当たり前だと思い込んでいる人を相手にすると、「はっきり、綺麗に発声しなければ・・・」というプレッシャーがかかる。

 

 口で喋ることだけがコミュニケーションではないということが初めから分かっている人はまだ少ないと思う。

 

 どうか手話や筆談も否定しないで欲しいです(´;ω;`)