聴覚障害大学生のブログ

ブログのテーマは「聴覚障害」ですので、基本的に聴覚障害に関することばかりを書きます。読者登録・コメントも気軽にどうぞ(*´˘`*)♡

視野の広さ

 

 「目の見えない人は耳が良い」「耳の聞こえない人は視野が広い」という風にある機能の欠落を他の機能が補う、というのはよく聞く話でもあります。

 正しいのかどうかは個人差にもよると思いますが、私は自分の視野が他の人よりも広いように感じます。

 自分の耳の後ろ辺りまで広範囲に180°見えている感じです。後ろの様子もチラッチラッと視界に入っているように感じます。(他の人と比較しようがないのでよく分からないですが。みんなどんな風に見えているのだろう??)

 この視野の広さ、周りの様子の変化をキャッチしやすいという点では良いと思うのですが、私の場合、悩みの方が大きいです。

 どういうこと??と思われるかもしれませんが、下を向いているときでさえ周りの人のちょっとした動きを感知してしまうのです。(遠くに座っている人の微動でさえ伝わってきます・・・)

 私は周りの目を気にしてしまう性格のため、これが非常につらく感じられます(;_;)

 視野の遠くに捉えている人が少しでも動いたりすると、「んっ?!呼んだのかな?!」と反応してしまったり、、(見逃すまい、聞き逃すまいと常にアンテナを張っているせいでもあると思いますが・・・)

 

 なかなかキツイです(;_;)