聴覚障害大学生のブログ

ブログのテーマは「聴覚障害」ですので、基本的に聴覚障害に関することばかりを書きます。読者登録・コメントも気軽にどうぞ(*´˘`*)♡

境目が曖昧である

 

 昔は考えもしなかったことなのですが、歳を重ねるにつれて、

 「もし聴覚障害でなかったなら、自分はどんな人間だったのだろう??」

ということを考えるようになりました。

 「聞こえる人になりたい!!」というわけではないです。

 (不思議と一度も思ったことがありません。想像ができないだけなのかもしれませんが) 

 だけど、、「今の自分の性格は本来の自分なのか?」と考えると疑問です。

ちなみに私はよく大人しいと言われます。また「暗い」とも言われます。

 自分も「あまりお喋りな性格ではない」と思っていたのですが、久しぶりに同じ聴覚障害の人と会話をしたときなどは嬉しくてどんどん喋ってしまいます。

 考えてみると、ただ単に「お喋りではない=相手の言っていることが分からないからお話のしようがない」ということなのでは・・・?

 聴覚障害が性格に影響してしまったのか(会話に入れないなど)、それとも元々自分は大人しい性格だったのか?

 結構、境界が曖昧です(-.-;)