聴覚障害大学生のブログ

ブログのテーマは「聴覚障害」ですので、基本的に聴覚障害に関することばかりを書きます。読者登録・コメントも気軽にどうぞ(*´˘`*)♡

障害者雇用

 前の記事の続き?のようなものです。

 

就職について - 聴覚障害大学生のブログ

 

 今のところ、最有力候補は「障害者枠で事務職をする」なのですが、障害者枠というものに対して思うところがあります。。

 

 ①罪悪感を感じる

 障害者雇用は、法定雇用率を達成することが義務付けられているようです。もし、法定雇用率を達成しなかった場合、企業が罰金を払うという仕組みらしいです。

 これを読むと、「法定雇用率があるから仕方なく雇ってやってるんだ」みたいな印象を受けます・・・。

 

 ②仕事がないまたは障害に配慮してもらえない(休めない)

 障害者枠というものは元々「障害をオープンにした上で配慮してもらいながら働く」というものであるはずです。

 ですが、色々調べていると、

 「他の社員から距離を置かれる」

 「仕事がなく、ここにいていいのか不安になる」

 「通院のために休むと白い目で見られるなど、理解してもらえない」

などの意見が見られました。溶け込むための本人の努力ももちろん必要でしょうが、このような意見ばかりだと不安になってきます(;_;)

 まだまだ理解のない状況なのかな・・・。

 

 ③給与が安い(今後が不安)

 障がい者枠の給与は安く、障害者年金と合わせて一人暮らしならなんとか生活できるかな・・・程度のものです。働き始めならいいものの、これが何十年も続くと考えると、老後が不安になります。

 

 色々考えてはいるものの、実際に障害者枠で働いている人に会ったことがないのでなんとも言えないです。

 ともかくも将来を明るいものにするために出来ることはするつもりです(*´∇`)ノ