聴覚障害大学生のブログ

ブログのテーマは「聴覚障害」ですので、基本的に聴覚障害に関することばかりを書きます。読者登録・コメントも気軽にどうぞ(*´˘`*)♡

人間関係の作り方

 

   私は典型的な内向型であることと難聴のダブルパンチで人間関係を作るのに苦労する。

 

   大学生になるまでに学べなかった基本的なことがだんだん分かってきたのでまとめておこうと思う。(色んなところで見聞きしたものも含むかも)

 

①親密度=接触度

     単に毎日会っていれば否応なしに慣れる。

波長は合うがなかなか会わない人と比べて、そんなに相性は良くないがコミュニケーション量が多い人の方が仲良くなる。

 

②自分を尊重してくれると感じる人を大切にしよう

    自己肯定感の低い人あるあるかもしれない。自分を大切にしてくれる人を信用できず、自分をないがしろにする人に走ってしまうことが何故かある。如何に不信感に負けないか。見分け方はある程度付き合っていたら分かってくる。慣れてきた頃に本性が出てくるはず・・

 

③沈黙に気を遣わなくてもいい人は長く付き合える

    話をするのが楽しい人よりも沈黙が気まずくならない人の方が結果的に長く続いている。これはどういうことか、割と知り合ってすぐにでもピンと来ることがある。自分の中の直感を信じよう。

 

④少しでも「ん?」と思うことがあるならば速やかに離れる

    慣れてきた頃にその人の言動に違和感を感じることがある。自分だけではなく、他の人に対する扱いにも。自分の気持ちを見つめ直して、「私は傷付いている」と感じることが多いならば、その人からさりげなく離れよう。

 

⑤あまり、普段の自分とはかけ離れたキャラで振る舞わないこと

    新しい環境に入ったときなどは早く友達を作らないと不安で、無理をして明るく振る舞おうとしてしまう。そうすると、その明るさに惹かれて集まってくる人ばかりになる。不安だろうが、無理しないで自然体で作った友達が一番。

 

⑥人と話したくないときは回復するまで休む

    気分が落ち込んでいるときなどは無理をせずに気ままに過ごすこと。周りは色々言ってくるかもしれないが、そんな状態で無理をしてもこじれてしまう。

 

⑦筆談を嫌がらない人は希少。是非とも大切にしよう

   驚いたことであるが、普通の人は筆談をめんどうに思うものらしい。筆談を巡ってお互いにイライラすることも。そんな中で自発的に筆談をしてくれる人は神。珍しい人なので大切にしよう。

 

⑧世間の友達の数に惑わされない

    小学校の頃からずーっと「友達が多いほどいい。友達のいない人はおかしい人だ」という教育を受けてきたので、人数が多いほどいい!と考えてしまう。本来、どのぐらい人と付き合うかは人それぞれなので、自分が十分に満足していたらそれで🆗。

 

⑨本音を打ち明けることも大切

    人間関係の基本は秘密の開示。そんなに大袈裟なものでなくても、「私はこれが好きなんだ〜」「実はこういう失敗をしちゃった…」という程度のもので🆗。あんまり重い過去とかを話しちゃうと引かれるので、よっぽど仲の良い人以外はやめとこう。

 

⑩人間関係は縁があれば自然とできる

    波長の合う人はお互いに惹かれ合うものなので、どちらかが一方的に頑張らなくても自然と仲良くなれるもの。(もちろん、自分から連絡する、誘うという行動も必要であるが、ものすごく必死にならなくても大丈夫なのが本当に気の合う人。)

    ただ、気の合う人を見つけるには多くの人と出会い続ける必要があるから、外には出よう。(完全に家に篭っていたらそもそも会えないので)

 

   このぐらいかな…。他にも気付いたことがあったらいつか書きたいと思う。メモみたいなものなので、気が向いたときに。